時々旅人やじま〜るのふるさと納税日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時々旅人やじま〜るのふるさと納税日記

 時々旅に出ます。相棒はNikonD5500。

【旅行記】札幌・網走⑮〜網走湖でワカサギ釣り〜

ワシの観察が終わった後、他のお客さんと合流し、網走湖へ向かいました。1日ツアーの最後は網走湖でのワカサギ釣りです!

網走湖でワカサギを釣ろう!

ワカサギ釣りの場所

場所は、地図にマークを付けれなかったので、伝えにくいですが…網走湖沿いの、「天都の宿網走観光ホテル」と「ホテル網走湖荘」の間にある、膨れた2箇所のうちの、北側(細いのがチョロっと出ている辺り)です。網走湖沿いに車を走らせると看板が出ているので、すぐに分かると思います。

私たちはツアーだったので、そのまま入場出来ましたが、個人で行っても、受付でお金を払えば予約無しでワカサギ釣りが出来るそうでう。

凍った網走湖に入る

まず、車から降りた瞬間、肌に突き刺さるような寒さが。この時14:30。徐々に日が沈んできており、一段と寒さが厳しくなってきています。しっかり防寒して、湖に沈みます。

f:id:yajymar:20170226172326j:plain

真っ平らな部分が湖です。だいたい、この時の湖の厚さは60cm程。私たちが乗るくらいではびくともしません。これくらい分厚ければ、車でも走れるそうです。湖に入ると、ワカサギ釣り用のテントがいくつも並んでいました。

f:id:yajymar:20170226172329j:plain

網走湖の大きさ

f:id:yajymar:20170226172332j:plain

網走湖、でっかいな〜!なんて話を他のツアー客の方としていたんですが、なんとこれは網走湖のほんの一部分だけだったんです。先程の地図を見ていただけると分かるように、ワカサギを釣っているエリアから見えているのは、例えるなら右の手のひらの親指の部分にすぎないんです。奥の木が生い茂っているその向こうに、この数倍も大きな湖が広がっているのです。本当に大きです。

まず氷に穴をあける体験をしました

実際に釣るための穴は、もうテント内に準備されているんですが、せっかくだからということで、実際に氷に穴を開ける体験をさせてもらいました。

f:id:yajymar:20170226172340j:plain

ガイドさんがお手本を見せてくれます。ポイントは、両手とも動かすこと。

 

f:id:yajymar:20170226172344j:plain

するする掘られていきます。

 

f:id:yajymar:20170226172408j:plain

私も実際に体験!思ったより力が入ります。写真取ってもらうのに夢中で、全く穴が深くなっていきません。見かねたガイドさんから「ちゃんと穴も放ってよ!」と注意を受けてしまいました(^_^;)

でもやっぱり仕上げはガイドさん。見てください、この力強さ!笑 すぐに穴が空きました。

f:id:yajymar:20170226172401j:plain

f:id:yajymar:20170226172415j:plain

そして、このように穴の中にたまった、氷のカスを網ですくい、穴が完成しました。

 

ワカサギ釣り開始

ししゃもサイズのワカサギゲット

外は寒いので、もちろんテントの中でワカサギ釣りを始めました。餌はワカサギ釣り用に育てられた、ハエの幼虫です。ガイドさんにレクチャーをしてもらい、さっそく穴の中に入れました。「底に引っかかっちゃったかな〜」と思っていたら、まさかのヒット!あわてて引くと、なんとかなりの大物が釣れました!

f:id:yajymar:20170226172424j:plain

サイズ感が伝わりづらいですが、網走ではこのサイズのワカサギのことを「ししゃもサイズ」と呼ぶらしいです。本当にししゃもくらいの大きさなんです。でも実は、このサイズが採れるのは網走湖だからこそなんです。

網走はワカサギ釣りの聖地

この網走湖は、ワカサギ漁獲量は北海道随一であり、全国の湖に放流されるワカサギの大半が、この網走湖で生産・出荷されているのです。本州でも釣れるし、と思ってましたが、まさかそのワカサギ釣りも網走と関係があったとはびっくりです。

ワカサギはもともと、海水と淡水を行き来する魚のため、網走川によってオホーツク海と繋がっている網走湖は、ワカサギにとって絶好の環境なのです。

f:id:yajymar:20170226200532j:plainやっぱり釣れると嬉しい!そして、他のツアーの方には負けるもんか!と負けず嫌いの一面が出てしまいます(笑)。しかし、みんな徐々に慣れだして、全員が同じくらいずつ釣ることが出来ました。

大量のワカサギが釣れました

5人で40分ほど釣ったものがこちら!なんと、カレイも釣れたんです(笑)!これも網走湖が海と繋がっているからこそ。このカレイについては後半紹介します。

f:id:yajymar:20170226172432j:plain

にしても、整列しているワカサギ、可愛らしい(笑)。

 釣れたてのワカサギは天ぷらに

釣り終わると、ガイドさんが天ぷらの準備をしてくれました。天ぷら粉を水に溶いておいておくと、それだけで凍ってしまうので、天ぷら粉は粉のままです。

f:id:yajymar:20170226172437j:plain

いい香りがしてきました〜。

f:id:yajymar:20170226172441j:plain

わくわく!!

出来上がったものは、もちろんテントの中で頂きます!味付けはシンプルに、塩。ガイドさんがオニオンスープも用意してくださいました。温かくて体に染み渡ります。f:id:yajymar:20170226172455j:plain

f:id:yajymar:20170226172459j:plain

揚げたてを頂きました。臭みはまったくなく、淡白なんですが、なぜか手が止まらない。本当に美味しかったです!

f:id:yajymar:20170226172505j:plain

これはスープじゃなくて、白ワイン(笑)。持参している方がいて、おすそ分けしていただきました〜!みんなで、乾杯!たった1時間ほど一緒にいただけなのに、なんだかとても仲良くなりました。

釣ったカレイの行方

先程出てきた、釣ったカレイ。これをちょっと離れた湖の上に置きます。すると…

f:id:yajymar:20170226172518j:plain

狙ってます!オジロワシが2羽、確実にカレイを見ています(笑)!そして、それは一瞬のことでした。

f:id:yajymar:20170226172526j:plain

f:id:yajymar:20170226172535j:plain

f:id:yajymar:20170226172539j:plain

f:id:yajymar:20170226172544j:plain

f:id:yajymar:20170226172549j:plain

f:id:yajymar:20170226172554j:plain

1羽が先にカレイを取り、もう1羽と取り合いになっていました!ガイドさんいわく、きっと家族(兄弟とか?)なんだそう。遠くの木に、それを見守る親鳥もいました。

f:id:yajymar:20170226172601j:plainそんな感じで、16:30頃に冬の網走1日満喫ツアーは終わりました。本当に、冬の網走をいっぱい感じることが出来ました。