時々旅人やじま〜るのふるさと納税日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時々旅人やじま〜るのふるさと納税日記

時々旅に出ます。現在【ベトナム旅行記】更新中。それと、ふるさと納税で届いたものを紹介してます。活用法とか保存法とか。相棒はNikonD5500。

【旅行記】北信州③〜地獄谷野猿公苑で超可愛いスノーモンキーを見る〜

数日あきましたが…北信州の旅行記です。前回までの旅行記では、出発し善光寺を観光し、蕎麦とおやきを食べたところまで書きました。その後、レンタカーを借り、湯田中方面へ出発し、念願の猿に会いに行きました!

私が行ったのは、2月23日(木)の14:30頃です。行かれる方の参考になれば嬉しいです。

 

世界で唯一、温泉に入る猿が見れる場所「地獄谷野猿公苑」

この野猿公園は、長野県の北部に位置しています。標高850mの山の中にあるため、一年の1/3は雪に覆われています。

本来、サルたちが暮らすのは、山の奥深く。なかなか近くで観察することは出来ません。そこで、行われたのが餌付けです。また、この野猿公園には大きな柵などはありません。そのため、野生の猿を本当に間近で観察できるよになっています。

 

地獄谷野猿公苑の詳細

営業時間

夏季(4月ごろ〜10月ごろ):8:30〜17:00

冬季(11月ごろ〜3月ごろ):9:00〜16:00

休苑日はなく年中無休ですが、天候により臨時休苑となることがあるようです。今年も、大雪が降った1月中旬、野猿公園への遊歩道の除雪が間に合わず、2日間休苑となっていました。ホームページでご確認ください。

 

入苑料金

大人(18歳以上):一般800円、団体(20人以上)680円、年間パス5,000円

子ども(小学生〜高校生):一般400円、団体340円、年間パス2,500円

6歳未満の子どもは、保護者同伴に限り無料です。

 

アクセス、駐車場

車:信州中野ICから20分、駐車場(上林温泉無料駐車場)あり

バス:長野電鉄長野線湯田中駅から15分(上林温泉バス停下車)またはタクシー

   長野駅から約40分(スノーモンキーパーク下車)

   飯山駅から約35分(スノーモンキーパーク下車)

駐車場またはバス停から野猿公苑までは、徒歩30分程かかります。

 

野猿公苑に行く際の注意点

猿に会うまで、山道を約30分歩きます

駐車場についてから、ひたすら遊歩道を歩かなければなりません。30分歩いた先に受付があるので、それも見越し、時間には余裕をもって来ることをオススメします。遊歩道と言っても、舗装されているわけではなく、また階段もあります。なので、ベビーカーや車椅子は使用できません。また、真冬だと道がかなり滑ります。しっかり対策をしましょう。それと、想像以上に疲れるので、出来る限り荷物は少なくして行くことをオススメします。

かなり寒いです

標高が高く、山の中ということもあり、真冬の野猿公苑は昼でも氷点下です。上で述べた通り、野猿公苑まではひたすら歩くので、真冬でも汗ばむくらいなのですが、猿を見ている間、人間たちはじっとしているので、どんどん冷えてきます。本当に寒いです。もっと見ていたいけど、寒くて手が動かず、諦めてしまったぐらいです(;_;)寒さ対策もしっかりしましょう。

野猿公園の猿は『野生の猿』です

なので、たまに凶暴になります(^_^;)。猿同士で喧嘩をしていたりもします。海外の観光客の方が、近寄って写真を撮ってたら、すごい勢いで威嚇してきました。なので、むやみに猿に近づかない方がいいと思います。また、餌を与えないよう注意書きがたくさんしてあります。苑内での飲食も禁止です。

温泉に入っている猿が必ず見れるわけではない

猿たちは寒さしのぎで温泉にやってくるので、やはり暖かい時期はあまり入らないんだそうです。冬の間も、温泉に入らずに餌を探し回る猿たちもたくさんいました。

 

実際に野猿公苑に行きました!

道はツルツル、べちゃべちゃ

レンタカーで駐車場に着いたのが14:30、平日だったせいか、一番近い駐車場まで行くことが出来ました。そして野猿公苑に向けて歩き始めます。遊歩道の入り口はこんな感じです。ワクワクしますね〜!

f:id:yajymar:20170310154150j:plain

遊歩道入口の横には、スノーブーツやウインドブレーカーの貸出等もありました。

f:id:yajymar:20170310154201j:plain

こんな感じで、結構ツルツル、べちゃべちゃです(;_;)そして、かなり孤独でした(^_^;)笑

 

本当に30分かかります

遊歩道を歩いていくと、道の脇に看板が現れ、今の位置を知らせてくれます。

f:id:yajymar:20170310154207j:plain

1つ目。まだ割りと元気です。

 

f:id:yajymar:20170310154213j:plain

2つ目。結構歩いたはずなのに、半分来てないぞ…^^;

 

f:id:yajymar:20170310154219j:plain

3つ目。足元が悪い&疲れてきて、下ばっかり見て歩いてた…なので看板を見落としそうだった(^_^;)早く着いてくれ…(切実)。

 

f:id:yajymar:20170310154226j:plain

4つ目。もうどうでもよくなってる…。無心です。

 

f:id:yajymar:20170318000817j:plain

5つ目。ALMOST THEREです!!涙が出そうだった。本当に想像以上に大変でした。道行く人達も、ほとんど会話はありません(笑)。しかし、ここからもまた、少し歩かなければならないので要注意(笑)。

 

5つ目の看板を過ぎて少し行くと、こんな景色が広がります!

f:id:yajymar:20170310154233j:plain

湯気が出ていて、温泉に来た〜!という感じがします!

f:id:yajymar:20170310154249j:plain

 

野生の猿は、本当に可愛い!!!

中に入ると、すぐに猿の姿が!

先程の川が見えてから、さらに少し進み、階段を登るとやっと入り口に到着です。ここで入場料を払います。この時14:55。本当に30分近くかかりました(^_^;)

f:id:yajymar:20170310154305j:plain

そして、中に入ると…

f:id:yajymar:20170310154316j:plain

いました!!!めちゃくちゃ可愛い!!木の上で、寒さしのぎをしています。親子かな?とっても可愛い!

そして、徐々に猿の姿が見え始めます。

f:id:yajymar:20170310154337j:plain

温泉の下流には、餌を探す猿たちが!こんなに近い距離で触れ合えるんです!

 

メインの温泉へ

温泉の方へ近づくと…

f:id:yajymar:20170310154343j:plain

観光客がたっくさん!!!ざっと見る限り、海外の方が6〜7割という感じでした。有名な観光地なんですね!

そして…

f:id:yajymar:20170310154425j:plain

いました!!!猿!って、くつろぎすぎやろーー!!!と思わず突っ込みたくなる表情が、また可愛い(*^^*)!

f:id:yajymar:20170310154431j:plain

私が到着したときには、15頭ほどの猿が湯につかっていました。しかし、それ以外にも周りに猿がたくさんいます。ちなみに、温泉までの距離は2m程。なので、携帯でもバッチリ撮れると思います。私は主に望遠レンズで撮影しました。

f:id:yajymar:20170310154510j:plain

こんなちっちゃい子どもの猿も。

 

私たちのすぐ横を平気で通っていきます

たくさん観光客がいるのですが、その間を猿たちは平気で通っていきます(笑)。

f:id:yajymar:20170310154520j:plain

急に現れるので、結構びっくりします(^_^;)私たちの足元をするする〜っと走っていくのです。本当に間近で猿たちを見ることが出来るんです!

 

定期的に行われる餌付け

私が到着してしばらくすると、係員の方が餌をばらまき始めました。

f:id:yajymar:20170310154533j:plain

猿たちは、もう餌に夢中です(笑)!

f:id:yajymar:20170310154541j:plain

必死に拾い集めています。温泉に入ってた猿たちも外に出て、餌を探し始めます。このタイミングで、一度温泉に入っている猿の数が減ります。が、またしばらくすると入り始めます。

f:id:yajymar:20170310154604j:plain

この猿は、温泉の中に入った餌を拾って食べてる…。どんだけ貪欲なんや…(^_^;)笑

 

「スノーモンキー」ギャラリー

ここからは、野猿公苑で撮った写真を紹介します。

f:id:yajymar:20170310154616j:plain

「湯加減どうかな。」

(D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 35mm 1.8G, ISO200, 35mm, ƒ/1.8, SS1/1250)

 

f:id:yajymar:20170310154627j:plain

「みんなまだ餌食べてるのか…。」

(D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 55-300mm 4.5-5.6G ED, ISO200, 195mm, ƒ/5, SS1/200)

 

f:id:yajymar:20170310154636j:plain

威厳

(D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 55-300mm 4.5-5.6G ED, ISO200, 240mm, ƒ/5.3, SS1/250)

 

f:id:yajymar:20170310154646j:plain

冬の景色を眺める

(D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 55-300mm 4.5-5.6G ED, ISO250, 80mm, ƒ/5.6, SS160)

 

f:id:yajymar:20170310154655j:plain

温泉が好き

(D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 55-300mm 4.5-5.6G ED, ISO250, 220mm, ƒ/5.3, SS1/200)

 

f:id:yajymar:20170310154707j:plain

「かあさんまだかな…」

 (D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 55-300mm 4.5-5.6G ED, ISO250, 240mm, ƒ/5.3, SS1/200)

 

f:id:yajymar:20170310154713j:plain

やっぱり親子

 (D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 55-300mm 4.5-5.6G ED, ISO250, 92mm, ƒ/7.1, SS1/60)

 

f:id:yajymar:20170310154729j:plain

日課の毛づくろい

 (D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 55-300mm 4.5-5.6G ED, ISO250, 72mm, ƒ/7.1, SS1/60)

 

f:id:yajymar:20170310154749j:plain

親子で寄り添う

(D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 55-300mm 4.5-5.6G ED, ISO250, 86mm, ƒ/6.3, SS1/50)

 

f:id:yajymar:20170310154817j:plain

毛づくろい

(D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 55-300mm 4.5-5.6G ED, ISO250, 100mm, ƒ/7.1, SS1/60)

 

f:id:yajymar:20170310154828j:plain

これは優しさです

(D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 55-300mm 4.5-5.6G ED, ISO250, 85mm, ƒ/7.1, SS1/60)

 

f:id:yajymar:20170310154837j:plain

細かいところまで入念に

(D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 55-300mm 4.5-5.6G ED, ISO250, 86mm, ƒ/7.1, SS1/60)

 

f:id:yajymar:20170310154848j:plain

子を守る

(D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 55-300mm 4.5-5.6G ED, ISO250, 125mm, ƒ/5, SS1/80)

 

f:id:yajymar:20170310154855j:plain

ここからの眺めは最高

(D5500,Nikon AF-S DX VR Nikkor 18-55mm 3.5-5.6G Ⅱ, ISO250, 55mm, ƒ/5.6, SS1/80)

 

猿と一緒に温泉に入るのも夢じゃない!

野猿公苑を出て、湯気が出ている川にたどり着くと、ここにも猿たちがいました。

f:id:yajymar:20170310154900j:plain

 

ズームしてみると…f:id:yajymar:20170310154906j:plain

温泉に入っていますね〜!!!

この建物、実は後楽館という、温泉がある宿泊施設で、運が良ければ猿たちと混浴が出来るんです!餌付けをしているわけではないのですが、野生の猿たちが気ままに入りに来るんです!運が良ければ、ですが。日帰り入浴もやっているようなので、冷えた体を温めるのもいいですね。

 

f:id:yajymar:20170310154911j:plain

木の枝で遊ぶ猿にも会いました。そんなことしたら、折れちゃうって〜!笑

 

とっても楽しい、大満足な1日でした(*^^*)ここからまた30分…。ヘトヘトになりながら宿に帰りました。が、なんと私、翌日もここに来ています(笑)。その様子はまた後日。つづく。