時々旅人やじま〜るのふるさと納税日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時々旅人やじま〜るのふるさと納税日記

時々旅に出ます。現在【ベトナム旅行記】更新中。それと、ふるさと納税で届いたものを紹介してます。活用法とか保存法とか。相棒はNikonD5500。

【おでかけ】大人も子どもも、海外の方も楽しめる『伊賀流忍者博物館』

先日、伊賀にある忍者博物館へ行ってきました。とても工夫された博物館で、大人も子ども、海外の観光客も楽しめる観光地でしたので、ご紹介します。

f:id:yajymar:20170331002436j:plain

この施設内には、いたるところに子ども忍者がいます!笑 可愛すぎる〜!

 

伊賀流忍者博物館

訪問日、滞在時間

平成29年3月28日(火)12:30〜14:00/車

滞在時間は1時間半です。春休みということもあり、ファミリーのお客さんがとても多かったです。

 

詳細

住所:三重県伊賀市上野丸之内117

電話:0595-23-0311

開館時間:9:00〜17:00

料金:大人(高校生以上):756円、子ども(4歳〜中学生):432円

※忍者ショーは別料金(1人400円)です

 

忍者変身処

この施設内で、忍者の格好をした親子をたくさん見かけました。調べたところ、伊賀にあるいくつかの観光施設やお店で、忍者体験ができる施設が設置してあるそうです。1人1000円で体験できるので、興味のある方は是非調べてみてください。

 

そもそも忍者とは…?

忍者とは、その名の通り「忍ぶ者」。人に気づかれないよう身を隠す技術に長けていて、現代で言うスパイ的な役割を果たしていたそうです。忍者たちは、日々訓練を積み重ね、かなりの身体能力を獲得していました。そのジャンプ力は3mとも言われています〜!すごいですね!

戦国大名たちは、領土を広げ天下をとるため、忍者を積極的に育成し各国の情報を集めさせたのです。

 

伊賀忍者博物館の様子

そんなに広くありません

駐車場から進むと、こんな林の中を進みます。

f:id:yajymar:20170331002427j:plain

そして、広場?に出ます。

f:id:yajymar:20170331002431j:plain

 見渡せる場所に、ほとんどの施設がありますので、歩いて疲れる!ということはありません。

 

伊賀流忍者屋敷

まずはじめに行った場所が、受付奥にある伊賀流忍者屋敷。この屋敷は、昔忍者が実際に住んでいた家を移築したもので、さまざまなからくりがありました。

f:id:yajymar:20170331002443j:plain

ある程度の人数が集まると屋敷の中に通され、忍者またはくノ一による約10分ほどの説明が始まります。私たちが屋敷に入った時には、前のグループが隣の部屋で説明を受けていました。そして、説明の中でも、何人かの忍者が登場し、実演を交えた説明を行ってくれました。

グループを屋敷に入れるタイミングや、説明者など、とても考えられてた見せ方だな〜と感心してしまいました!

 

このように、座敷に座って説明を聞きました!奥の茶色いドア(右側)には、ドンデン返しの仕掛けが隠されていました!

f:id:yajymar:20170331003226j:plain

ドンデン返しを説明しながら、実際に実演してくれます。そのたびに拍手が起こりました!「やってみたい子〜?」とちびっこたちが体験できるタイミングもあり、和やかな雰囲気で説明が進んでいきました!

 

その説明を聞いていた部屋の上を見ると…

こちら、赤い忍者が覗いているのがお分かりになるでしょうか?

f:id:yajymar:20170331002452j:plain

こんなところにも忍者が隠れていました。隠れている場所は暗い場所なので、あまり見えず、こうやってライトで照らして見て初めて気づきました。ずっと、この部屋で説明を聞いていたのに、本当に気づかず(^_^;)明暗差を利用したからくりだったのです!

 

縁側には、巻物や小判を隠しておく仕掛けがありました。

f:id:yajymar:20170331002453j:plain

戸のサッシを外すと、縁側の板が開きます。その中に大切なものを保管していたのです。

こちらは刀隠しの仕掛けです。

f:id:yajymar:20170331002456j:plain

床板の端を押すと、テコの原理で板が持ち上がり、その中にある刀や武器をすぐに出すことが出来ます。いつ敵が来ても良いよう、武器を隠してあるのです。

他にも、様々な仕掛けがありました。説明の中で、「伊賀の忍者は戦わずして勝つことを、小さい頃から教えられてきた」とありました。本当にそのとおりだな〜とこの屋敷を見て感じました。

 

忍者体験館

ここでは、当時実際に使用されていた手裏剣などの武器や、その他400点以上の忍具が展示されています。

f:id:yajymar:20170331002500j:plain

 

忍者集団『阿修羅』による迫力満点忍者ショー

そして、想像以上に楽しかったのがこの忍者ショーです!

f:id:yajymar:20170331003253j:plain

別料金として400円かかりますが、600円でも見る!と思えるクオリティーでした!笑 公演時間が決まっていますので、事前に調べておくと良いかと思います。この日は13:00、14:00、15:00の3回公演でした。

残念ながら、このショーの写真、動画撮影は禁止されていましたので、お伝えできないのが残念なのですが…、とてもとても楽しいショーでした!

ショーの中では「阿修羅」という忍者集団のメンバーが本物の武器を、実演を交えながら説明してくれます。数メートル離れたところから手裏剣を投げたり、刀を使って戦ったり、時にはコミカルな演出や、カタコトの英語を使い海外の方にも面白おかしく伝えたり。本当に、私が言うのも何ですが(^_^;)、見せ方がとても上手。この阿修羅ですが、なんと伊勢志摩サミットでも披露されたんだそうです!本当に大人も子どもも、海外の方も楽しめる、とってもおもしろいショーでした!

 

まとめ

伊賀忍者博物館に行ってみて、忍者にはあまり興味がなかった私でも、とっても楽しめ、それは本当に期待以上でした。三重に行った際には、是非行ってみてください(^o^)!